在宅型コンタクトセンター運営のすべて~セキュリティ・運営管理・人材育成~最新事例と次のステップへ

長引くコロナ禍の中、「在宅コンタクトセンター」を立ち上げたいものの、「セキュリティ」や「マネジメント」の面から、容易ではないと感じているお客様が多いことを実感しています。

在宅環境での個人情報の取り扱いにはどう取り組めばよいのか?
在宅オペレーターの管理をする際にどのような工夫をしているのか?

すべてのオペレーションを在宅化するわけでなくセンターと在宅のハイブリット運用の導入や、センター業務の整理によって一部業務から在宅型を実現するなど、各社試行錯誤のうえ様々な取り組みが出てきています。

今回、多くのコンタクトセンターの構築と価値創出に携わってきたコンサルティング会社のプライムフォース様をお招きし、在宅コンタクトセンター実現のための手法をご紹介するオンラインセミナーを企画いたしました。ご参加者さまからご好評いただいた本年2月の「在宅コールセンターのマネジメントとセキュリティ~2021年最新版~」セミナーをさらに発展させた内容となります。楽天グループ内外での在宅型コンタクトセンター事例もご紹介させていただきます。

コンタクトセンターの在宅化にまだ取り組めていない企業さまは、導入に向けたヒントを得る機会に、また、既に在宅化に取り組まれている企業様は、更なる改善を図っていただくための機会になれば幸いです。みなさまのご参加をお待ちしております。

昨年からの参加者の感想

「今後のセンター運営についてどう説明するかなどの方向性が自分の中で整いました。」
「在宅コールセンターの現状が分かってよかった。」
「弊社は急遽、在宅化をした状態なので、ゴール設計がしっかりできておりません。改めて検討したいと思った。」
「在宅CCを拡大するための要点を確認できました。」

引用

Rakuten Communications

https://comm.rakuten.co.jp/seminar/archive/cn-20210525.html

この記事を書いた人

プライムフォース株式会社 / Primeforce Inc.
顧客接点最適化に関連するコンサルティング/人材教育
IT/オムニチャネルシステム活用に関するコンサルティング